副作用の危険性を検証【敏感肌でも使える?】

ドクターシムラ 副作用

 

自宅で手軽にピーリングと同じ効果を得られると話題のドクターシムラ(Dr.Shimura)。

 

口コミでも高評価だし、試してみたいけど刺激が強そう。

 

敏感肌では使えないかも、なにか副作用があるかも、そんな風に思っている人はいませんか?

 

確かに敏感肌の人は、日ごろから刺激の少ない化粧品を選んでいることと思います。

 

ドクターシムラ(Dr.Shimura)を使いたくても、ちょっと考えてしまうのでは。

 

それに、ピーリングと引き換えに副作用があっては困ります。

 

考えられる副作用はあるか、敏感肌には刺激が強すぎないか、きちんと知っておきたいですよね。

 

では、ドクターシムラ(Dr.Shimura)の副作用や刺激について調べてみましょう。

 

 

ドクターシムラ(Dr.Shimura)のピーリング効果とは

 

まず気になるのは、ピーリングと同じような効果が得られるということ。

 

ピーリングというとお肌の表面を剥がすイメージがあるし、敏感肌には刺激が強そう。

 

肌がきれいになるというメリットと引き換えに、副作用というデメリットも考えられるのでは。

 

ですがドクターシムラ(Dr.Shimura)は、肌を剥離させる化粧水ではありません。

 

ピーリングに使用されるグリコール酸が配合されているのは事実ですが、医師の監修のもと肌にやさしいバランスで配合されています。

 

お肌を剥がすものではないので、副作用の危険はありません。

 

ドクターシムラ(Dr.Shimura)はお肌を剥離せず、適度に配合されたグリコール酸の働きで肌のターンオーバーをサポートしてくれる、お肌にやさしい角質ケア化粧水なのです。

 

 

敏感肌や乾燥肌でも使える?

 

敏感肌でも使えるかどうか、実はこの疑問は公式サイトのQ&Aに掲載されています。

 

敏感肌なので、刺激がないか、乾燥しないかが気になるという質問です。

 

公式サイト側からの回答には、グリコール酸の配合はやさしいバランスになっていること、保湿成分もしっかり配合されているのでお肌の保湿効果はあることが書かれています。

 

もしそれでも乾燥が気になるようなら、普段使っている化粧品を重ねて使っても良いようです。

 

ドクターシムラ(Dr.Shimura)自体に保湿成分が配合されているのなら、そこまで乾燥することはないかもしれませんね。

 

 

敏感肌へのアドバイス

 

ただやはり、敏感肌の人がドクターシムラ(Dr.Shimura)を使い始めるのなら、パッチテストは行ったほうがいいでしょう。

 

たぶん敏感肌の人はドクターシムラ(Dr.Shimura)に限らず、新しい化粧品を試す時には日ごろからテストを行っているかと思います。

 

異常がないとわかってから使い始めるのが一番です。

 

毎日安心してお肌のお手入れをするためにも、パッチテストをすることをお勧めします。

 

 

まとめ

 

ドクターシムラ(Dr.Shimura)はお肌にやさしい配合になっていますが、心配な方はテストをしてから使い始めましょう。

 

本来ならまとめ買いがお得ですが、まずはひとつ購入して試してみては。

 

お肌に異常がなければ、まとめ買いや定期コースを考えてもいいですね。

 

ドクターシムラ(Dr.Shimura)の詳しい成分は、公式サイトで確認できます。

 

まずは公式サイトをチェックしてみてください。

 

>>ドクターシムラ(Dr.Shimura)の詳細はこちら